学校の補習

 

中学校までの義務教育課程においては、学習の主軸は学校の授業です。従って学校の授業では満たされない場合に、学習塾や家庭教師の手を借り、補習を受ける方法があります。現在の学校の授業ではその集団の学力を上げていくことが精一杯ですので、ついていけていない生徒を手厚く指導することが実際問題として困難です。

学習塾で補習を受ける方法もありますが、家庭教師に家まで来てもらえば、病気や怪我、その他の理由で長期学校を休まざるを得ない場合や、不登校に陥って外出もままならない場合などに大変助かります。学校の授業で遅れをとっている生徒の場合、理解するスピードがゆっくりであることが多く、さらにそのことに本人が引け目を感じていることから、わからなくても質問をすることを恥ずかしいと感じていることが多いです。

わからないことがあるまま、授業は先へ進んでしまうので、ますますわからなくなるといった悪循環を引き起こします。家庭教師であれば、一対一で周りを気にせず、わかるまで丁寧に指導してもらえるので、自分のペースで学ぶことができます。家庭教師の助けを借りながら、学校での授業についていけるように調整することは、学習以外にも体や心の健康面に問題を抱えていたり、学習ペースがゆっくりであったりする生徒には効果的な方法だといえます。家庭教師の指導が生徒に適している場合、正しく理解することができ、学習に対する自信を持つことができますから、自分に合う勉強の仕方を身につけることで、その後の学習に対する意欲が上がる効果が期待できます。

Copyright © 2014 家庭教師を依頼する All Rights Reserved.